Category: DEMO360


 こいつのマルチプレイ専用DEMOが配信されてたんで、遊んでみました。
 既に開始されているゲームに途中参加可能で、二軍にわかれての攻防。タイトル通り、前線の攻防というか、拠点をおさえていって自軍の前線を押し上げ敵陣地を狭めていき、最終的に拠点を全て制圧するのが目的のFPS。
 チーム戦によるエリア制圧の攻防ということで戦闘地点が自然と決まりやすく、その点は非常にわかりやすかったです。
 戦車や装甲車、ヘリや小型飛行物体(?)など、乗り物もあり。ただし操作性はイマイチ。エイミングのスムーズさも今ひとつで、全体的に大味な感は否めません。
 製品版のシングルプレイがどういう感じなのかは不明ですが、このマルチプレイのDEMOは結構楽しめました。

 久々に米アカでサインインし、適当にDEMOをダウンロードして遊んでみました。
・SEGA Rally
 日本でも今冬に発売が予定されているセガラリーのDEMOでしょうか。であるとすれば、残念な出来のDEMOであったと言わざるをえません。
 60fpsはおろか30fpsも安定していないようなフレームレートで、しかも敢えてレートを落としてラリーらしさを表現しようとしているような気がしました。これは賛否両論では。
 操作感がおおざっぱなのは許容範囲としても、ステアリング操作がコントローラのアナログスティックでは殆どアナログらしい入力がされてないようなのは不満です。十字キーでの操作と殆ど変わりません。
 製品版もこのDEMOのクオリティと同じということは無いと思いますが、どうでしょうか。
・skate.
 スケボーゲーム。トニーホークのシリーズでは無いようで。
 面白いですね。チュートリアルがわかりやすく、操作も複雑ではないですし。
 チャレンジの細かい内容がわかればより楽しめそうなので、日本語版の発売があれば嬉しいですね。
・Colin McRae DiRT
 オープニングムービーが良く出来ていて、メニュー画面もセンス良く、DEMOとはいえ気合いが入った印象。
 ゲームの方はインプレッサでのターマックのスーパーSSと、ランエボでのダートの峠が遊べます。バギーもあったけどやってないです。
 とにかく良く曲がり良く止まる挙動で、気持ちよく走れますね。60fpsでは無いですが、入力そのものはスムーズなので大きな不満には感じませんでした。
 PCの方でも全く同じようなDEMOが出ているようですので、そちらもチェックしてみたいと思います。

 早速DLしてやってみました。
 …うーむ、ベクトルが違うとわかっていつつも、どうしても「Forza2」と比べてしまうオレがいます。
 フレームレートが気になりました。残像処理が施されていますが、60fps出てないように感じました。
 敵車と「やり合っている感」が非常によくでていて、これは良かったです。これにKudosを稼ぐ爽快感や満足感が合わさったのが「PGR」の面白さの原点と言えそうですね。
 ただまぁ、同じDEMOでも、「TD:U」や「Forza2」のときよりインパクトが無かったというのがオレの偽りならざる感想であり、今すぐ欲しいと思わせるものは無かったかな、と感じました。

 前作であるXbox「Forza」がなかなか楽しめたので、ハードがかわっての続編ということで特に強烈な期待などなく自然な流れで予約はしてあるのですが、まぁせっかくなのでDEMOをダウンロード。
 …。うぅむ、これは凄い。全然前作の続編という感じはしなく、確かにこれは「F355」の続編ですよ。
 もちろん前作の流れを汲んでいる部分は見受けられますが、30fpsから60fpsになったことで、劇的に何かが変わったように思います。少なくとももっさり具合は無くなったので、挙動がシビアになっても何らつまらなくなることはなく、むしろ軽快になったのでレースゲームとしては相当に良くなったと言えると思います。
 360には「リッジ6」「PGR3」「NFSシリーズ」などありますが、DEMOをやった限りではどれも満点ではないなと心のどこかで思っていました。「TD:U」は素晴らしい内容でありますが、ベクトルが違いますし。
 しかしこの「Forza2」は何の躊躇もなく満点を与えて良いと思います。DEMOの最初のコーナーを曲がっただけで、何か脳天にくるものがあったというか。
 製品発売前に心酔するのもどうかと思いますが、しかしそれだけのブツであることはどうも間違いない気がします。
 PS3の「グランツーリスモ」が実際どうなのかわかりませんが、少なくともオレが触ってきたレースゲームのなかでは肩を並べる存在はどうも無いですね。またPCゲーの方でもこれだけのクオリティのは無いんじゃないですかね。
 静止画だけみればこれよりきれいなものはあるでしょうが、実際走らせてこれより凄いのはそうそう無いと思います。
 ただ自分でも感じますが、オレは間違いなくフレームレート厨なところがあるんで、その部分をあんまり気にしない人は上記文章を割り引いてみてください。
 こういうシビアなゲームは如実に実力がでてしまうのでタイムアタック上位などは難しいかと思いますが、なんかじっくり付き合っていけそうなゲームが出てきたという喜び(ニヤけ)はあります。
 360買ってよかったというか、むしろこの為に360買ったといえるようなタイトルになるんじゃないですかね。

 こいつは米垢で落としたもの。邦題「PowerSmash」ですな。
 まぁスポーツのシリーズものということで特に感慨も衝撃もありませんが、昔のと比べると若干ボールが浮きやすくなっているような気がしました。このあたりは使用キャラにもよるのかも知れません。
 ヒンギスがいるのが嬉しいですなぁ。
 面白かったXbox「Top Spin」が360「Top Spin 2」になってイマイチになってしまったので、その意味でもコイツは買っても良いかも知れません。
 ただ、北米やアジアでは3/20に発売されているのですが、日本では予定にすら入ってないですからね…。まぁ海外版を買えばよいだけの話なんですが…。

 うーん、確かにアーマード・コアというか、オレにはムズいというか…。
 このシリーズはPS2「AC2AA」位しかまともにやってませんが、旋回速度の遅さがどうもダメですね。普段やっているFPSやTPSのそれが逆に異常な速さなんでしょうが、それに慣れてしまってるから…。