Archive for 11月, 2006


 キャリアモードを進めていますが、いやー2敗しました。プロ入りして、現在11勝2敗(11KO)。
 やっぱり強い相手は強いです。いや、強いというか、戦法に穴がないんですよね。オレは基本的にガードを殆どしないでジャブとストレートを打ちまくるタイプなのですが、一番苦手なのがガードを固めてカウンターを狙ってくるタイプ。これにあたると、苦戦しまくりです。逆に一番カモなのが、大振りで強打ばかりしてくるヤツ。これはジャブで牽制してれば、自然にこちらのペースになりますので。
 さすがに昨日と比べると新鮮味がなくなってきましたが、それでもかなり面白いです。やっぱり感情移入しちゃいますからね。
( ● ´ ー ` ● )
 Live対戦もやってみましたが、オレのようにガードしないヤツでは歯が立たない模様。もう少し巧くなってからじゃないと通用しないようです。
 なんかEAメンバーアカウントとかが自動で作られたようで、タグ作成時に登録したメアドにメールがきていたり。害は無いと思いますが、不要ですなぁ。

 芸能人女子フットサルの年間リーグ戦「スフィアリーグ」、今日が最終戦でした。
 ポイント首位だったTeam dreamが準決勝で敗退したので、ガッタス(ハロプロのチーム)にも年間優勝の芽が出たのですが、決勝戦でPK負けしてしまい、得失点差により年間順位2位となりました。
 途中までの流れは良かったんですけどね。年間優勝の可能性があるライバルチームが次々に途中で敗れ、ガッタスが優勝すれば年間優勝確定という流れ。ただ、決勝までの2戦とも、得点できずにPKで勝利という試合だったので、勢いという点では強豪チームを破って決勝まできた相手チーム「XANADU loves NHC」には到底及ばなかったわけですが。
 決勝は、とにかくGKである辻ちゃんが凄かったです。途中負傷もしましたが、GKが一人な状況なので気合いで続行。飛び出しの判断など素晴らしかったですね。
 ただ、さすがに三試合全部PK決着ということで、かかる負担は尋常ではなかったでしょうね。ともかく、辻ちゃん乙であります。
 今大会を以てフットサルからも卒業するあさみとみうなは、最後の最後のPKを外してしまったのが残念ですね。
 久々に生放送で見ましたが、ついつい見入ってしまいました。PKにより放送終了時間までに決着がつきませんでしたが、放送延長をしたフジ739、GJ!
( `.∀´)
 それにしても、今大会のガッタスメンバーは9人。これで2人ぬけますので、7人に。うーむ、来年も参戦していくには、あまりに厳しいと思うのですが。かといって未経験の人間を今更入れることも難しいでしょうし。オーディションで何とかするのでしょうか。
 ひょっとしたら、ハロプロ勢がフットサルから撤退、という可能性もあるのかもなぁ。

 パッと見の印象では、今年はまぁまぁなメンツかな、と思いました。個人的にはBONNIE PINKが嬉しく、またスガシカオも良し。
 ハロプロ枠が今年も1枠なのはさびしい限りです。まぁ仕方ないですね。例年同様今年も娘本体+αという感じで、今年はGAMできました。なんだかんだ言って松浦と藤本の組み合わせは最強なので、どういうステージになるか楽しみではあります。
 ただ、オレの中では「娘本体って今年どんな曲だしてたっけ?」という程度の思い入れなのが何とも。「SEXY BOY」なら嬉しいんですけどね。
( `.∀´)
 どうでもいいけど、今年ももう残り一ヶ月なのか…。

 キャリアモードでオリジナルキャラを作成し、まずはアマチュアから。アマで4連勝してプロ入りし、現在プロ2戦目終了したところ。
 間違いなくオレが今まで遊んできたどのボクシングゲームよりも面白いです。
 全体的な操作はやや複雑でオレには真にマスター出来そうにはないですが、パンチを繰り出すという点では非常に直感的に操作可能であり、何とかここまで負け知らずできました。
 スタミナなどのパラメータ表示がデフォルトでオフになってる点も良し。独特の味のある描画と相まって、それっぽさが溢れています。
 何より面白いのはやはり細かい部分の描写で、白目をむいて倒れるところや、いかにも弱気な表情とフォームな対戦相手であったりと、そういった一つ一つの表現の完成度が凄すぎます。
 「ハロモニ」で娘達が「あまりにも凄くて理性が飛びそう」という意味で使う「ヤバイ」という表現が、ぴったりきますね。
 ヤバイ。
( `.∀´)
 書き忘れましたが、ラウンドガールはマッチョなんだけど妙にエロくてナイス。
 プロになったのに、舞台がかわらずどっかのジム内なのは気になる…。

 ポイントを確保したものの何に使うか明確に決めていなかったので、公式サイトのアーケードタイトル紹介を見てめぼしいタイトルのお試し版を改めてプレイ。んで、コイツに課金してみました。800P=1200円、ちと高め…。

 球を転がしてゴールまで到達させるという、まぁありがちなもの。なのですが、シンプルであるがゆえに何か惹かれるものがありました。あとは、慣性のあるゲームがオレは微妙に好きなのかも。
 とりあえず購入し、昨夜寝る前にビギナーレベル全20レベルをクリア。お試し版でやっていたのもあり、特に問題なく全てパータイム以内でクリア。
 んで今さっき、ノーマルレベル全15レベルをクリア。難易度はビギナーの比ではありませんでした。特にレベル28の「そり滑り」は100回位リトライしてようやくパータイム越え。疲れました…。
 ただ、「頑張れば出来そう」というものばかりなので、リトライは苦ではないですね。ましてやクリア出来ないのは自分の操作ミス/操作スキルの無さが原因なわけで、早々に諦めることは無かったです。
 Liveによるマルチプレイもやってみましたが、どうも宝石集めが主というかそれしか無いゲームになっているような。システムはかわりませんが、方向性はちとシングルと異なる感じですね。

 セプト対戦後、IRCでcandoさんとチャット。そこで北米版ゲーマータグなどの情報を頂く。早速北米のタグを作成。更にドイツのタグも作成。
 各地域タグによるマーケットプレイスのDL可能数をみてみたら、
USA
 Arcade:37
 DEMO:53
 予告編:76
ドイツ
 Arcade:34
 DEMO:46
 予告編:68
日本
 Arcade:32
 DEMO:34
 予告編:61
という感じでした。日本少ねー。
 コテコテな洋ゲーのDEMOが日本では用意されてないとかならわかりますが、元が日本産のゲームが北米タグではDLできて日本タグじゃできないとか。
 特に大きな不満があるわけではないですが、このままではDEMOの数がダブルスコアになりそうな気もして、ちと気になりますね。
 タグ地域の一元化を切に願います。

 買い物から帰ってきたら、candoさんから「セプトやらねーか」とメッセージが来ていたので、やりました。これが今作における初対戦であります。プライベート対戦。
 対戦内容そのものについては省きますが、まぁオレの勝利でした。
 ラグはそれほど感じられませんでしたが、プレイヤ切り替えの際にワンクッション入る感じはあります。
 二人ともヘッドセットを持って無くボイスチャットが出来ないので、チャット要素いっさい無しの対戦でした。
 まぁ、セプトの対戦は、やっぱり面白いですね。その一言です。

 ビックカメラにスピーカケーブルなどを買いに出かけたのですが、何故か360のソフトも買ってきてしまいました。

 それぞれ税込で6270円、2640円、4720円。360本体と家電を買った時のポイントをここで消費しました。
 「ファイナルナイト」は、candoさんにDEMOをオススメされてやってみて、その出来の良さを製品版で味わってみたかった為、購入。
 「NFS:MW」は、新ハード買ったらレースゲームだろみたいな感覚で、購入。「PGR3」や「リッジ6」と少し迷いました。
 「マイクロソフトポイント3500P」は、完全に衝動買いで、特に明確な使い道は無し。ビックで買えば割引もあるし、買っておくかという感じ。
 セプトもまだまだ始めたばかりなのに、全くもう。
 来年1月発売の「Gears of War」を予約したのですが、それまでは無駄遣いせずにコイツらで遊んで年を越すつもりです。

 スローペースながら一人用を少しずつ進行。コロシアム終わって次の目的地が四択のとこで、水と緑を攻略したところまで。
 対CPU戦でも一戦に1時間前後はかかってしまうんで、一戦終わると疲労感があるのであんまり連戦できない感じです。
 それにしても水エリアでの戦いは、とにかく重かったです。HDDだかDVDだかはわかりませんが、常にギコギコやっている感じでした。うちの360本体が調子悪かったのか、それともステージの問題なのか。いずれにせよ、サクサクとは無縁のステージでした。
( `.∀´)
 セプト以外の360パッケージソフトをやってないのでわからないのですが、このセプトはハードに優しくないソフトのように思えてなりませんね。

 キャッチコピーに釣られ、夜勤の夜食として購入。
 ぬ、結構いいかも。結局はお湯を入れる今までのインスタント焼きそばと変わりませんが、風味が良いですね。あと、地味だけどかやくが結構良かったです。