Category: DEMO


 「Gears of War」なり「Assassin’s Creed」の映像なりで、海外と日本の技術差がどんどん開いていってるなぁと感じていましたが、この体験版の画像をみるに、こういうエロ系の3Dゲームでは、日本の方が進んでいるのかなぁ、とも。「DOA」なり「ランブルローズ」なりね。
 それにしても、この体験版、ダウンロードしてやるヤツいるのかな…。

 そこそこ順調にプレイが進んでいます。

 プレイを進めていて一つわからないのは、本来は殺害対象であるはずの施設の科学者などが、主人公(海兵隊員)に協力してくれる点です。彼らからすれば「助けが来てくれた」という認識なのかもしれませんが、「HALF-LIFE」本編では割と早いタイミングで科学者たちは「我々の存在を消す為に軍隊が派遣されてきた」ことに気づいていたのですが…。
 まぁそこまで深く考えずに、協力してくれている(=利用すべき対象)とシンプルに割り切ればよいのでしょうか。

 あと、ストーリーの流れというか目的がいまいちわからなかったり。これは上記と関連するのですが、要は本来は関係者を消すために派兵されてきているのに、実際はHL本編と同じように、未知なる生物たちを相手に戦っている。なもんで、最終的な目的が今の段階ではよくわからなかったりします。
 んでもまぁ、ゲーム自体はかなり面白いです。HL本編とは違ったアプローチやギミックで作られており、単なるアドオンというレベルではありませんね。

【4Gamer.net】アクション −「Quake 4」− 体験版
 重い。そして暗い。この二言だけで、このDEMOの感想は済んでしまう、そんな感じです。
 DEMO版は最高クオリティであるUltra Qualityを選択できない仕様になっていますが、High Qualityでも充分に重いです。ウチでは。XGAではなくSVGAにしても大して変わらず。CPUが足りてないのでしょうか…。
 んでもまぁゲームが出来ないというほどではないので、我慢してプレイ。が、ゲーム開始してすぐに入る建物の中があまりに暗すぎて、非常にやりづらく。設定でブライトネス/ガンマを上げてみても大して変わらず。そういう舞台設定なんだと言われれば仕方ありませんが、ゲーム的に辛すぎますよ、コレは。フラッシュライト使ってもあんまり有り難味ないし…。
 DEMOの後半は建物の外にでて屋外戦となるのですが、正直ボリューム不足。
( `.∀´)
 Quakeというとオレは「3」のあのスポーツ系の印象が強いのですが、この「4」はストーリー含めて「2」からの続編といった感じですね。
 なのでマルチ主体のスポーツ系が「1」と「3」、シングル主体のオルソドックスFPSが「2」と「4」という感じにわけられるものと思われます。
 今振り返れば「2」はVoodoo2を2枚挿ししなければ快適に動かないような、そんな重いゲームでした。ならばその流れを汲むこの「4」も、やっぱり重くなければいけないような気がしてきました。7900の二枚挿しとか、高すぎて手が出ませんけど…。

アクション – ファークライ – FarCry – 体験版
 4gamerで落とせるDEMOは二種類ありますが、ここでは最初にリリースされた方をDEMO1、後のをDEMO2とします。
 んでDEMO1。いきなりボートに乗ったところからスタートで、目の前には島が見えます。とりあえず前進キーで島まで猛加速し、砂浜に乗り上げ。んが、ボートから降りるキーがわからない! あたふたしている間に、乗り上げた時の音を聞きつけてきたのか、敵兵が寄ってきました。動けないながらも射撃だけは応戦するオレ。しばらくすると敵の撃った弾がボートにあたったからなのか、ボートが故障し炎上。このタイミングで自動的にボートから離れることが可能になるも、敵兵の射撃によりあえなく死亡。
 キーコンフィグを確認し、USEキーであるFキーが乗降っぽいなと確認し、リトライ。今度は砂浜の手前でボートを降りることに成功。そのまま小島にいる敵兵を殲滅しようとしましたが、意外に数が多く、またちょっと離れたところからも応援に駆けつけるので、かなり難しく。難易度EASYでもこちらのライフはそれほど無いので、ちょっとミスるとすぐに死亡。なわけで、最初の小島制圧ですら何度もリトライしました。
 小島を制圧したあとの行動が、また難しく。このDEMOの舞台は箱庭的で結構自由度があるので、攻略ルートも一本道ではない模様。
 何度もリトライしつつ少しづつ進み、何とか目標である山の上のレーダー基地に到達。ここでは軍艦のミサイル攻撃やらヘリからの機銃攻撃やら、とにかく激しい攻撃が。行動目標が「ドアの解錠コードが判明するまで、生き延びろ」とかそんな感じのもの。なのでトンネル的な構造のところを探して、そこでひたすらやり過ごす策。なんとか凌ぎ、レーダー装置の中へ。
 あとは特に何もなくミッション終了。
 このDEMO1をやってみた限りでは、これこそランボー型のゲームだなと思いました。だってスタート時の装備がピストルとナイフだけですからね…。
 隠密行動をとるにしても、敵は一人が見つけるとその後連動して押し寄せてくるので、かなり難しいです。
 このDEMO1の最大の欠点は、グラフィックでしょうか。クオリティが低いというか、遠景の描写がかなり手抜きで、対象に近づかないと詳細描写されないという点であります。そんな描写の中に敵兵が紛れているので、非常に視認性が悪く感じられるのです。
 単にグラフィックのクオリティが低いだけならまだしも、それがゲームバランスにまで及んでしまっているというのは、かなり大きな問題でしょう。
 ウチのPC環境が貧弱だからなのかとも思いましたが、これは重さ云々の問題ではなくて、純粋にこのゲームのエンジンの仕様のような気がしました。60fpsでているのに、実際の動きはスムーズじゃないといった点もありますし。
 ゲームの舞台設定やミッションの内容自体は面白いので、ちと残念だなぁと感じたDEMOであります。
( `.∀´)
 んでDEMO2。こちらも最初の舞台は熱帯の島。よくわからないのですが、この島にある研究所にまず行けと。
 展開的にはDEMO1と変わらず、ポイントポイントに配置されている敵兵と交戦しながら、その研究所まで行くと。オレがこのゲームに慣れたこともあってか、今回はそれほどリトライをせずに、研究所に到達。
 研究所の中はそれほど構造は複雑ではなく、迷うことはありませんでした。敵兵がそこそこ存在するので、気は抜けません。
 ジェネレータの電源をいれて、リフトにのって上の階まで進んだところでDEMO終了。終了間際のシーンは、その後の展開が気になるような、美味しいポイントでした。
 ちなみにこちらのDEMOも、DEMO1と同様に遠景の描写は手抜き。まぁ開放されたフィールドというのはFPSにおいてもっとも描写エンジンが苦手とするシーンではありますが、それにしてもこれはちょっと辛いかな…。
( `.∀´)
 この二つのDEMO、内容的にはどちらも楽しめました。ただ、やはり屋外での遠景描写がイマイチで、そこが気になりましたねぇ。これが改善されているのであれば、製品版もやってみたいところですが。

 DEMO、一応クリアしました。ってクリアと言うのはおかしいですな。まぁDEMOのラストまで行ったと。
 んでも怪しいんで一応確認しておくと、ゲーム開始のBARに戻ってきて、特定のワープゾーンに入ったら終了で良いんですよね? そのあと「Thank you for playing DEMO」みたいな画面になったので間違いないと思うのですが。
 グロいのは徐々に慣れましたが、重力方向の切り替えはわりと苦労しました。普通のFPSとはまた違った意味で、酔いが発生してしまうかも。
 一定の面白さは感じられましたが、オレはこのゲームを買って最後までプレイする気はちと起きませんなぁ。もっと言えば、最後まで進められる自信が無いということですね。

【4Gamer.net】体験版[アクション]Prey
 かなりキモいっす。というかグロ。寝不足で疲れた状態でやったもんだから、それこそ本当に気持ち悪くなりました。いや、マジで。
 敵クリーチャーの造形は勿論ですが、舞台となっている船内が妙に肉々しくてキモいです。気がつくとそこかしこでスキンヘッドのパンツ一丁野郎が殺されているし。
 コンセプトや演出は好きにこそなれないものの、そのセンスと完成度については評価出来ると思います。
 あと、ウチの環境では、快適動作が厳しいゲームですね。XGAではテクスチャレベルを落としも30fps位しか出てません。かといってSVGAにしても大して変わりませんし。どうにもマシンパワーの絶対値が足りてないんでしょうね。
 かといって全くプレイできないわけでもないんで、微妙なところであります。
 とりあえずまだクリアしてません。DEMOなのでそんなに長くないと思いますが、それでも短時間で区切っておかないと、夢に出てきそうな感じがして怖いです。

【4Gamer.net】[体験版]GTR 2 – FIA GT Racing Game
 普通に面白いです。レースゲームはコンシューマ機で出来の良いのが沢山あるのでPCのレースゲームはどうしても目立たないのですが、これはコンシューマ機の秀作達と比べても遜色ないですねぇ。
 上記4gamerの解説文やゲーム内の演出など、確かにシミュレーション寄りのリアル志向のようですが、挙動についてはそれほどシビアではありませんでした。というかかなり走りやすかったです。TCSなど各種補助機能がしっかり働いている証拠でしょうか。
 もちろん、レースにおいて少しでも無理な突っ込みなどするとすぐにコースアウトやスピンをしてしまいます。この点でレースでの緊張感と攻めのバランスは結構良い感じになっているように思いました。
 とりあえずフェラーリで5周ほどまわってみましたが、1分42秒301がベスト。セッティングは特にイジらず。4年前にcandoさんが「MotoGP2」で出したタイムと良い勝負ですね。
 ちなみに操作デバイスはSideWinder GamePad(初代)。いい加減USBポートのパッドに替えろという声が聞こえてきそうですが…。
 どうしてもディジタルパッドだとハンドル操作が過敏になりますね。ハンドルを切るか切らないかしかないので。PCは優秀な入力デバイスが豊富にあるから、逆にローテクな普通のパッドとかだとコンシューマ機よりも厳しくなりがちなのかも知れませんね。
 グラフィックはエフェクトがそれほどかかってなくて淡白な感じ。XGAでプレイしたので解像度はさすがに良し。ただウチの環境だとレースでライバルカーが絡むとちとフレーム落ちアリ。
 こういうゲームをやっていると、こういった高解像度で遊べる360が欲しくなってきますなぁ…。「Forza」の続編も発表されたし…。

【4Gamer.net】アクション −「Deer Drive」− 体験版
 ビデオカードを新しくしたこともあって最近割と洋ゲーの体験版を遊んでいたりするのですが、コレはあまりにバカバカしかったです。
 狩りゲーというと非常にストイックで何時間待っても標的が出てこないなんてのはザラですが、これは逆に標的が出過ぎてどれを仕留めようか迷ってしまいます。
 また、銃声響かせても動物たちは全く動じませんからね。あまりにゲームらしい都合の良さは、特筆すべきかも。
 グラフィックも大したことないし、ゲーム性も単調だし、果たしてコレにカネを払ってフルバージョンを手にしたいという人は、どれほどいるのでしょう…。