Category: FOOD


 期間限定ということで見つけたので、購入。前回痛い目をみているので、今回はチキンにミニ缶を購入しました…。
 口に入れた瞬間、名の通りサラミの味がしました。これは結構忠実かも。結構うまい。
 ただ、あまりにそれっぽい味すぎて、「これならサラミ買えば良くね?」とも思ってしまったり。サラミってあんまり大量に食うもんじゃないですから、余計にそう思ったのかも知れません。ミニ缶で事足りた感じです。
 ただ、ビールとかコーラには合いそうな気がしますね。菓子として食べるなら他の味の方が良いと思いますが、つまみとして食べるならイケそう。

 だいぶ前から飲料水は酒のカクヤスでネット注文し届けてもらっているのですが、その際にポテトチップスなどのおつまみを一緒に買うことがあります。この年になってまだ菓子類を欲するということに一種の恥ずかしさもありますが、たまにはいいだろうという甘えも働き、ついつい買ってしまうわけです。
 先日もカクヤスでミネラルウォーターを注文したのですが、このとき「おつまみ」のページで「プリングルズ スクリーミンディルピクルス」という、見慣れない商品の画像が目に入ってきました。昔からプリングルズには目がないオレですが、これは初めて見まして、「ビールにあうディルとビネガーの酸味が効いた、サッパリとした大人のピクルス味です。ビールが更にすすみます。」という商品説明にも惹かれ(ただビールは家では飲まないのですが。)、注文に加えました。
 届いて早速食してみました。……驚きました。何だコレはと。あけたときの臭いから、酸っぱいことは予想していましたが、何か想定外のものでした。濁った酸っぱさというか。確かにピクルスっぽい感じはしますが、これはポテトで食べるものじゃない…。

 Extreme Flavorsということですが、こりゃ確かに過激ですな…。
 マズイと断じることは簡単ですが、単にオレの口に合わなかっただけなのかも知れません。ビールと一緒ならイケるのかも知れないですし…。
 でもまぁ、3枚食べて、捨てました。食品を捨てることは滅多にしませんが、さすがに今回は苦行以外の何者でもなかったので、決断は早かったです。

 これはアタリでした。100%のグレープフルーツジュースが好きな人なら、気に入ると思います。果汁は5%ですが、ちゃんとそれっぽい味になってますね。それほど甘くないアイスとして、オススメできます。

 センタンの公式サイトをみても新商品が載ってないようなのですが、「和の果実」という棒アイス(単品売り 105円)がなかなか美味しかったです。
 アイスというと甘さが強調されますが、コイツは果実を結構忠実に含んでいるようで、果実の苦みなんかもしっかり入ってますね。
 センタンは商品ラインナップをみるとフローズンフルーツの分野に強いみたいですね。アイスの「白くま」も旨いですし。
 こういう凝ったアイスは最近はだいたい150円オーバーとかが多いですが、コイツは105円ってのがいいですな。
 過剰な加糖もしていないようで一本77kcalてのもよし。

 明らかに不自然なブルーの液体に惹かれて、飲んでみました。
 うーん、マズくはないけど、パインの後味がイマイチな感じもしました。ブルーの清涼感とあってないかも。
 こういうのに似たカクテルもありますから、そういうのが好きな人にはいいのかも知れません。

 新発売ということで飲んでみました。
 うーん、まぁマズくは無いですが、激ウマというほどでもなく。予想可能な味といったところです。
 カナダドライということで期待していた部分がありますが、多分もう飲まないと思います。

 昨年11月に一人暮らしをはじめてから、ごはん(白米)については、

  • 無洗米 + 電子レンジで炊く容器 + 冷凍パック容器
  • パックご飯(サトウのごはん系)

という感じでやってきました。
 今後なのですが、無洗米の方はやめることとし、パックご飯に完全に切り替えます。
 これは、電子レンジ炊きは別にまずくはないんですが、やはり水の量などによって出来にバラツキが生じる可能性があり、また冷凍すると解凍したときにやはりバラツキがあるので、結構参っていたことが大きいです。
 もちろん、解凍時間に変化をつけてみたりと色々試してはみましたが、どうにもバラツキを抑えるのは難しく、なかにはチャーハンにしても食べられたモンじゃないときもありました。
 パックご飯はだいたい200g 100円で、サトウのごはんがモノによってはそれより高くなったりしますが、何より大きいのは「失敗がない」ということで、500Wレンジで2分で出来上がり、その出来上がりにバラツキがほとんどないというのは、炊くのに比べて割高であるというマイナス面も含めても、自分にとっては大きなポイントであります。
 ちなみにどれも同じにみえるパックご飯ですが、やはりサトウのごはんが品質的には一番のような気がします。味もさることながら、容器から器に移すときなど、容器に米粒が残らないのはサトウだけであり、他のメーカーのはどれもかなり残るんですよね。まぁこれは逆に言えば、なんで残らないんだよ…という疑念にもなりますが…。
 パックご飯を常食するにあたり、自分の中では「これでいいのか?」という疑念のようなものも少しあったりします。というのは、主食であるごはんすら出来合いの製品に頼るというのは間違いなくダメ人間に近づいていると言え、しかもオレの場合は忙しくて炊く時間がないとかではなくて単に面倒だからなわけで、これはいよいよ人間として終わってきたかな、とも。
 バラツキが生じるのであればそれを工夫してバラツキを少なくするようにするのが人間らしいわけで、そこすら放棄してしまうようでは、思考停止に陥っているとも思えます。
 と言いつつも、実は学生時代の一人暮らしでも、後半3年間位は自炊をやめてパックごはんになっていたんですよね。なのでオレの性格的に、仕方ないのかも知れません。
 電子レンジ容器と冷凍容器と未開封無洗米2kgについては、友人が一人暮らし開始ということで、訪問がてら譲渡してきました。無駄にしなかったという点では、なんとか。
( `.∀´)
 タイトルとは全然関係ないですが、tetsuさんがミキサー生活を始められたということで、少し。

ミキサー経験者には、10回も使わずにゴミになるだろうと忠告されたが、いやいやどうして、最低でも100回使うぞ、しかも1年で、ということで、使った回数を数えることにした。

 オレはミキサー経験者ではないですが、やはり「続かないだろう…」と思ってしまいます。これはtetsuさんの性格は抜きにしても、やはり難しいところだと思います。
 理由としては、第一に、野菜や果物を作るたびに買わないといけない点。第二に、若干の下ごしらえが必要な点。第三に、ミキサー容器を毎回洗わなくてはいけない点。第四に、出来合いの野菜ジュースやフルーツジュースが手軽に安価で買えてしまう点。
 その一方で、羨ましいと思うところもあります。濃縮還元じゃない絞りたての生ジュースが飲めるというのは魅力ですね。駅構内とかでよく売ってますが、買うと高いですしね。
 とりあえず、経過を見守りたいと思います。頑張って!下さい。

 キャッチコピーに釣られ、夜勤の夜食として購入。
 ぬ、結構いいかも。結局はお湯を入れる今までのインスタント焼きそばと変わりませんが、風味が良いですね。あと、地味だけどかやくが結構良かったです。

 お、なかなか美味しいジンジャーエールじゃん。

 仕事中の夜食としてモスを食べることがあります。昨夜は「なつみ」という名称が気になって、このレタスの菜摘というのを食べてみました。なっちも誕生日過ぎましたしね。(←無理矢理)
 マスタードチキンを食べましたが、素直な感想としては「バーガーの方が食べやすくて美味しいな」と思いました。想像以上にレタスの量が多くて、ちょっと食べづらかったです。肝心のチキンになかなか辿り着かない感じで。
 あと、タレがこぼれてくるのが何ともしがたく。通常のハンバーガーであればバンズがタレをある程度吸収してくれて丁度よいバランスになるのだと思いますが、菜摘のレタスはバンズと比較すると吸収力の点でかなり劣りますからね。そのせいで、食べている際にレタスの間からこぼれてきて、なかなかスマートに食べるのが難しくなっています。オレはマスタードチキンだったのでまだ何とかなりましたが、液状のタレのテリヤキチキンを食した同僚などはかなり苦戦していました。
 食べやすさを含めなければ、悪くはない商品だと思います。が、所詮はファーストフードですからね。気軽に適当に雑に食べてナンボなわけですから、この食べにくいという点は短所といわざるを得ないでしょう。
( `.∀´)
 期間限定である「ナン・タコス」も食してみました。結構タコスが好きなオレですが、これはイマイチかな…。別にまずかったわけではないですが、特にリピートする要素もないと思いました。