Archive for 8月, 2009


 大方の予想通りとなりましたね。
 自民が国民に愛想を尽かされて惨敗というのは至極理解できますが、その受け皿として民主が一応機能したので300を越えたんでしょうね。これが民主もダメという判断だったら、投票率がもっと低くなっているでしょうから。
 自公の大物議員のところに送り込まれた民主の女性候補者たちは、ルックス的にもまずまず良いのが目立ちました。このあたり、4年前の小泉チルドレンのオバサンたちとは違いますなぁ。
 投票締切直後の各局の議席予測は、民主が320オーバーで自民が90台という感じであり、やや大げさなものでありました。たぶんテレ朝だけが自民100議席台だったと思います。皮肉な感じです。
 選挙特番は、テレ東が一番良かったですね。各局がワイドショー的に話題の選挙区を何度も流しまくる構成のところ、テレ東は名だたる論客を揃えて真面目かつ朝生的に見せてくれました。
 キャスターは、やっぱりベテランの力量がもろにでますね。田丸さん、小谷さん、安藤さんらはやはり仕切りもコメントも的確。局アナとの差は本当に歴然としているのが見ていてわかりました。

 さぁ24時間テレビみるぞー。
 あぁ勿論、ゲームセンターCXの生放送24時間のことです!
 なかなかテレビから離れられなくなりそうなんで、選挙は不在者投票を済ませておきました。
( `.∀´)
 選挙特番をこよなく愛するオレですが、今回の総選挙は正直盛り下がっています。前回の郵政解散以上に、マスコミの報道の仕方が酷くて。
 確かに自民党にはみんな愛想をつかしていますが、それでもそこまで民主の圧勝は楽観視できないと思うのですが。民主圧勝を叫べば叫ぶほど、その反対作用もありますしね。
 小選挙区制度は政権交代には向きますが、民意の反映という点では微妙なところがありますね。

 まず過去の話を。
 オレより上の世代の男子というのは、だいたい大なり小なりプラモ経験があるかと思いますが、オレから下の世代はミニ四駆をやって終わりというパターンも多く、やや微妙な世代なのかも知れません。
 そんななかでオレは、一応はプラモをやっていました。といっても小学高学年から中学にかけてですから、カネが無くてそうそうキットは買えず、もっぱらタミヤ1/35 ミリタリーミニチュアの人形のセットをちまちまと作っていた記憶があります。
 その後はラジコンに手を出して、スケールモデルのプラモ製作からは離れていきました。
( `.∀´)
 オレはプラモを作ることが大好きですが、その一方で性格的にも技量的にもプラモ製作に向いていないことを自覚しています。
 というのも、「手先が器用ではない」「丁寧でなく大ざっぱである」「細部へのこだわりが薄い」「(塗装や接着が)乾くまで待てない」タイプだからです。特に「丁寧でない」というのが致命的ですね。少しくらい不器用でも、手間を惜しまないでじっくり取りかかれる人ならば、立派な作品ができますから。
 そんな自覚をしつつもプラモ作成が面白いのは、作っているその瞬間はそれだけに集中できるという、その没頭感が大きいのだと思います。
 今回、20年弱ぶりに一台作ってみましたが、数日かけて腰をすえて取り組めたというのは、自分でもやや驚きがありました。一度始めると5時間とかはあっという間に過ぎてしまうのですが、時間を忘れて完全に没頭していました。久しぶりということで不慣れで緊張状態であり逆に集中出来たというのもあるかも知れませんが、それにしても今これだけの長時間集中を他のことではなかなかできないでしょうね。どんなに面白いゲームでも、数時間で途切れますから。
( `.∀´)
 大人になっての趣味再燃ということで、例によって知識や形を先行して入ってしまっており、工具とかにカネをかけだしています。
 エアブラシをどうするか迷ったのですが、悩んだ末に買ってしまいました。勿論コンプレッサも。カメラの趣味と比較すれば安いとも思えますが、それでもこれへの投資によってもう戻れなくなった感じもしますね。
 塗料はタミヤのアクリルを主軸で行こうかと思って少し揃えたのですが、塗膜が弱く、やはりラッカー系にすべきかなと思い始めているところです。
 積みプラという言葉もあるようです。積みゲーは既にデフォルトになっているオレですが、積みプラは避けたいところです…。

 細かいことは別途書きますが、20年弱ぶりくらいにプラモが作りたくなって、工具とか色々買ってきて、仕事の夏期休暇中にひとつキットを作ってみました。
 超久々ということで高いキットには手が出せず、安いという理由からフジミのFC3Sにしてみました。
 以下、完成したやつの写真。写真趣味があるだけに、完成後の撮影も楽しみのひとつになりますね。
0001_RX-7(FC3S)_001.jpg
0001_RX-7(FC3S)_002.jpg
0001_RX-7(FC3S)_006.jpg
0001_RX-7(FC3S)_007.jpg
0001_RX-7(FC3S)_008.jpg
 見ていただければわかると思いますが、出来はほめられたものではありません。完成度低いです。
 ボディの塗装など、梨地になってしまいました。コンパウンドで磨いても無理。フロントガラスの部分も曇らせてしまったし。
 まぁでも楽しいんで、時間が許す限り続けたいと思います。細かいことは別途エントリあげます。