Archive for 7月, 2009


 どれも面白そうですが、特に「Trials HD」が気になります。

 子供のころから結構よく見ている、フジテレビの2x時間テレビ。日テレのは正直どうでもいいのですが、フジのは割と好きなのです。
 昨年は全く見ませんでしたが、今年はヒマだったので結構見てしまいました。ただしメインがそれほど好きでない島田紳助、ヘキサゴンということで、録画はしませんでした。
 やっぱり深夜帯ですね。他のゲームコーナーはどうでもいいの一言ですが、深夜帯の「
今夜も眠れない」はやはり面白かったです。紳助とさんまがお互い話の腰を折りすぎて、話が全く進まない、あの楽屋感が予想通りで良かったです。
 「かま騒ぎ」は、まぁ普通ですかね。昔のさんまがゲストで出た時の方が面白かったですね。
 個人的なハイライトとしては、イカダマラソンに駆り出された山根とクリス?がロケから帰ってきてエンディング会場までの短距離を軽く走ってきたときの「負けないで」の演出は、笑わずにはいられませんでした。しかも山根は、本家の24時間マラソンをやってるわけで、そのあたりのパロディ具合が非常に良かったですね。忘れ物を取りに戻ったクリスのための仕切直しのぐだぐだぶりもくだらなすぎて笑いました。
 三輪車レースをエンディングに持ってきたのは、感動好きというキャラを持つ紳助がメインの今年らしい構成でしたね。そのまま台場のR地区だかQ地区がエンディング会場になるとは意外でしたが…。
 感動し涙ぐむ紳助と、暖かい家族的なヘキサゴンファミリーという、二つの面を主軸にした構成は、見事にハマったと思います。
 あとまぁ少し気になったのは、モーニング娘の出演場面ですかねぇ。何年か前ならメインMCに近い感じだったのに、今や三輪車会場の応援ゲストとしてちょこっと出演、ですからな…。最後は娘本体だけでなく中澤・保田・吉澤・紺野・小川といったOGも加わっての「LOVEマシーン」でしたが、正直きつかったです。Paboの里田まいは別格としても、辻ちゃんや矢口と扱いが明確に違うのが見て取れてしまうのはきついです。
( `.∀´)
 来年は、久々にタモリがMCやってくれないかなぁと思ったりしています。

 グーグル携帯といった方が良いかもしれませんね。ドコモの「HT-03A」を購入しました。長いことドコモを避けてきたオレが、ドコモの端末を買うとは…。

 ビックカメラで、2万5千円弱。61,100円だかがベースで、そこから機種2年縛りの購入サポート、ドコモのデビュー割だとかでだいたいそれぐらいに。
 正直、衝動買いです。ちょい前から興味あったんですけど、発売日近づくにつれて気になってしまって、まぁ勢いで。ビックで触ってみたら思いのほか操作感が良くて決心。
 物欲の動機としては、Googleというブランドに惹かれてが5割、自由度の高いアプリに3割、あとは操作感やこれからへの期待とかですね。
 詳しいレポは後ほど書きますが、今のところかなり満足しています。操作感、自由度、雰囲気などなど…。購入前はイマイチかなと思っていたデザインも、気に入ってきています。
 JAVAの再勉強も兼ねて、いずれはアプリも作ってみたいもんです。
( `.∀´)
 ちなみに、番号とメアドが変更となります。
 これまで使ってきたauの回線もまだ生きていますが、このまま生かすか解約するかはまだ決めていません。当初は2台持ちを考えていましたが、HT-03Aがメインとして十分使えそうなので、やや悩んでいます。

 4月にHDDレコーダを購入したこともあり、4月開始の連続ドラマを何本か観ていました。連ドラをDVDなどではなく録画とはいえ放送で観たというのは、ここ数年では殆どなかったので、HDDレコーダによる変化と言えそうです。
 少し感想を残しておきます。

  • 婚カツ! (フジテレビ)

 なかなか軽快なタッチで、楽しめました。後半は婚活というよりかは、商店街再生と幼なじみとの関係が主題になった感もありますが…。龍居由佳里の脚本というとシリアス系が多い印象がありますが、こういうのもアリですね。
 上戸彩かわいいなーと思う場面と、あれあんまりそうでもないなーという場面がありました。
 採点的には、★★☆。

  • 夜光の階段 (テレビ朝日)

 今年は松本清張生誕100年ということで清張作品の映像化が目立ちますが、これもそんな中のひとつ。藤木直人は好きではないのですが、一応観ておきました。
 正直、今ひとつでした。展開に難アリというか、進行がおおざっぱというか…。木村佳乃の演技も鼻につきました。極めつけは藤木が歌う主題歌で、へたくそだしドラマに合ってないしで、正直なんでこれが使われたのか、かなりの疑問です。
 米倉涼子主演のテレ朝の清張シリーズはそこそこ楽しめましたが、これはダメでした。
 ★☆☆。

  • スマイル (TBS)

 TBSの金曜ドラマらしく、重くまじめなテーマが扱われていました。なかなか面白かったのですが、やや前半と後半とのつながりが満足でなかった気もしました。
 中井貴一の存在感が強く、それが全体を引っ張っていった感じがします。他のキャストも違和感なく、いい配役だったと思います。椎名林檎の主題歌の挿入タイミングも見事。
 ★★☆。2.5点くらいあげたいと思います。題材をもう少しシンプルにして、掘り下げてくれても面白かったかも。

  • 魔女裁判 (フジテレビ)

 8話の途中で観るのをやめました。黒幕側の仕掛け、主人公と加藤あい二人の行動のバカさが序盤から変わっておらず、くだらないなぁと思ってしまいました。比嘉愛未が可愛かっただけに、余計にこの二人をアホかと思ってしまったり…。
 結末が気にならないわけでもありませんが、まぁ観なくてよいなと。唯一、黒川の演技は好きでした。
 ★☆☆。

  • 僕の妹 (TBS)

 なかなかドラマとしての評価に苦しむというか、ドラマとしての魅力が薄いというか…。前半の自殺騒動と後半の妹と九鬼の話のつながりも薄いですし。
 オダギリジョーの何ともいえない空気感は嫌いじゃなかったですが、千原ジュニアはドラマには向かない顔ですね。長澤まさみは演じる役がバカすぎましたし、なんかオバサン顔にみえちゃいました…。メイクが薄かったからかな。
 とってつけたようなエピソードも多く、★☆☆ でしょうね。
( `.∀´)
 日テレの「LOVE GAME」は、まだ終わらないみたいなので保留で。連ドラとは違い一話完結でテーマも明確、割と好きです。