Archive for 3月, 2005


水泳 6m

 それなりに空いている状況。春休みでもこんなもんか。
 曇り止め(液体タイプ)を買ったので、早速試してみる…お、曇らない曇らない。が、30分を経過したあたりから少しづつ曇るように…こんなもんか。

 元職場の連中による送別会。オレは2月で辞めましたけど、3月付けで辞める連中も多いらしく、社員を巻き込んでの飲み。
 お世話になった社員や古株連中に改めて挨拶をすることが出来て良かったのですけど、ちょっと飲み過ぎました。頭がまわってます…。朝までコース確定な雰囲気だったので、2次会前にひっそりと逃避。

 警備員時代の同僚たちと、新東京サーキットにてレンタルカートを楽しんできました。半年ぶりのレンタルカートで、新東京は計4回目です。総勢10人が参加しました。(半年前のは日記更新サボってたので日記に落ちてないですね)
 毎回説明をしてくれるオジさん(オーナーか?)、さすがに我々の顔を覚えてきたようで、「あぁ皆さんもうお分かりですね」と。前回からの変更点として、レンタルカートの車体フレームを新しくし、それによってタイムが以前のものと比べて1秒/周くらい速くなるでしょうとのこと。そう言われてみると、確かにフレームはキレイで新しそうに見えます。
 新東京サーキットのエンジョイレースは、フリー走行(15分)→タイムアタック(10分)→予選(5周)→決勝(10周)という流れで進行します。
 さてマシンに乗り込むぞ…あれ、ケツが入らない!! 参ったぞ…。とりあえず半ケツ状態でコースに出て何とか走っていると、オジさんがピットレーンからオレを手招きしています。従ってピットに戻ると、コチラのマシンに乗ってみて下さいと。どれどれと乗り込んでみると、今度はスッポリとケツが収まりました。有り難うございます。ちなみにこの時まで知らなかったのですが、カートのバケットシートは上からではなく横から乗り込むものだったのですね。
 コースに戻りフリー走行をこなして一旦休憩。たいして攻めたわけではないんですが、妙な気持ち悪さが。前回ほどでは無かったのですが、この胃がシャッフルされる感じはカート特有のものですね。割とフラフラです。
 タイムアタック開始。間隔を置いてピットから放出され、まずはアウトラップ。ポイントを抑える感じで攻めてみる…あ、あれ、全然グリップしねー! 滑り多発の危なっかしい走り。そう、ここでオレはタイヤが冷えたことによるグリップの低下を実感しました。今までのカート経験のなかで、ここまでタイヤのグリップ変化を体感したことは無かったですね。だいぶ違うと思いますが、F1におけるタイヤの役割・特性がほんの少しわかった気がしましたw。
 アウトラップを終えアタック開始直後のラップも、まだ多少滑る感覚が残る走り。それでも何とか攻めつつ乗り切りました。このラップ、何と51秒166。いきなり、オレが今まで新東京で出したことのないタイムが出ました。一瞬計測ミスかとも思いましたが、次のラップ(から通常のグリップ感)では52秒台前半。うーん、今日のオレは結構速い!?
 このあと、51秒後半〜52秒前半くらいを刻むラップで周回して、タイムアタックを終了。結局1周目のタイムがオレのベストタイムで、コレが10人中2位のタイム。ちなみに最速は50秒776。51秒台はオレの他にも2人。
 この結果を踏まえて、予選。オレ、フロントロー。が、スタート大失敗。スタートシグナルを勘違いして、全然別の場所を凝視していました。慣れないフロントローはこれだから困りますw。 順位を最後方近くまで下げたオレ。出遅れたロスは大きく死ぬ気でアタックしてもメリットは少ないので、無難に走って上位陣のミスを待つ作戦をとりました。上位は色気持って走ってますから、回ってくれるヤツが絶対にいるんですよねw。今日もやはり回ってくれるヤツがあらわれ、終わってみれば5番手でフィニッシュ。これが決勝のグリッドになります。
 決勝開始。今度はスタートタイミングは普通でしたが、体重差で後ろの軽いヤツには交わされてしまいます。コレはもう仕方ありません。
 奇数グリッドは1コーナーに対して内側なので、ほぼインベタに近いラインでインを保守。レコードラインからは大きく外れてますけど、決勝ではそんな事言ってられません。脱出スピードを犠牲にしてでも、相手のラインを塞がねば。
 2コーナーもインベタに近いライン。ここで一台交わしました。このあたりのオレ、マジバトルモードでしたw。
 3コーナーで前車がイン・イン・アウトに近いライン。対してオレはアウト・イン・インみたいなラインをとって、コーナー出口でラインがクロスしてオレが前に。そのすぐ後に4コーナーがあって、外側にいるオレの方がライン的には不利。なのですが、相手の脱出スピードが思いのほか遅く、オレはレコードラインから少し外れるくらいで普通に曲がれました。
 これで多少落ち着くかなと思いきや、どうやら前の前のヤツが随分と遅いみたいで、前のヤツは抜きたいんだけどどうするかと手を焼いている感じ。7コーナーで前前のヤツが一気に減速。落とし過ぎだろー。前のヤツは目の前でそれをやられているわけで、どうしようもなく同じく大きく減速。ライン的に二台はインベタでアウトが空いていたので、思い切って外から二台に被せる形に持っていくオレ。脱出スピードはオレの方が上で、そのまま抜くことができました。
 そのままストレートで一周目終了。電光掲示板に、オレの番号が3位の場所に表示されています。おおお、表彰台圏内だっ!!!
 この後は、ミスなく走ることに終始。前がだいぶ離れているので、クリアラップに近い状態で非常に走りやすかったです。ペース的にはオレを含め上位3人が51秒台〜52秒前半。対して4番手以降は52秒後半のペース。後ろを気にする必要も無かったのです。
 残り2周。周回遅れなヤツが近づいてきました。彼は自分が遅いことを十分承知していて、ちゃんとラインを譲ってくれます。そんな彼にオレが追いつきまして、彼は先行ってくれーという合図を出してくれました。うーし、ありがとう、じゃお先に…とインを貰おうとしたところで、えええ、オレ、回ってしまいました。あああ。しかも悪いことに、進行方向とは逆にマシンが向いたまま止まってしまいました。ううう。ここで、2コーナーから4番手のヤツが来ました。止まっているオレを見ても、ラインを一向に変えようとしません。おいおい、それじゃオレが動けないだろ!! この彼が通り過ぎるのを待って、オレ始動。幸い5番手とは離れているみたいでホッとするも、前はもうだいぶ先。あと2周じゃどうしようもない…。
 結局この4番手のままフィニッシュ。終盤になって集中力が欠けてしまいましたね。
 さて、長々と書いてしまいましたけど…それだけ今日のレースは面白かったということですw。新東京では毎回体重差に泣いているオレが、なぜ今回こんなに健闘できたのかと考えてみたのですが、レンタルカートはどうしてもマシンの性能差に若干のバラつきがあると思いますが、今日のオレはアタリを引いたとしか言い様が無いですね。前回と変わらないコースレイアウトで、いきなり上達するわけ無いですからね。相性という点もありそうですけど。
 タイムアタックでの51秒166は、予選・決勝でも更新できませんでした。ひょっとしたら、グリップが落ちている状態で多少滑らせた方が、オレの走行スタイルには合っているのかも知れないですね。とは言え、あのタイヤの感覚は危なっかしくて仕方ありませんので、予選・決勝のアウトラップの時は、F1のフォーメーションラップのように蛇行運転してましたよ。
 4月の大和但馬屋カートオフに、今回までの経験が多少でも活かせればと思ってます。CITY KARTの方が新東京よりも体重差がラップタイムに与える影響は少ないと思われるので、上位に食い込みたいですね。まぁタイムアタックでcandoさんが速すぎたら、candoマシンにウェイトを載せるしかないですねw。
 あ、新東京のHPからコース図をリンクさせようかと思いましたが、コース図が現実のコースとあまり似てないので貼るのをやめました。想像で読んで下されば。

 ユタカ・マジックが発動してしまった。これではどうしようもない。それがレース後の感想です。
 本命にしたボーラー、好位は好位なんだけど、馬郡の中。これではこの馬は好走しません。揉まれ弱さを露呈してしまいました。ただそれにしても、直線では情けなさ過ぎ。目に見えない疲れとかあったんでしょうか。故障などしてなければ良いのですが。
 プレシャスカフェは出遅れが最後まで響きました。馬郡を捌いて中団には位置できましたが、そこまでのロスは大きかったです。直線でも荒れた内目に入れざるを得なく…踏ん張りましたが、勝ち馬との差は決定的でした。

 春GI開幕! 高松宮記念MakoX予想。
 ◎メイショウボーラー
 ○プレシャスカフェ
 このレース、絞れることは絞れるのですが、絞った後の本命馬決定が非常に難しいですね。一番穴が無いのはプレシャスカフェだと思うんですが、絶対的なスピード持続力を持つボーラーに期待してしまいます。
 買い目としては、この2頭の馬連とワイド一点を本線として、後は遊びで三着を穴狙いにした3連単で良いのでは無いでしょうか。

 世界最高賞金レース、ドバイワールドカップ(1着賞金600万米ドル)。日本時間2:20発走…LIVEで見てしまいました。
 地方競馬から初挑戦のアジュディミツオーは、6着でした。スタートはイマイチでしたが、それでも1000m通過58秒台という早い流れのなか好位3〜4番手につけ、直線入り口までは抜群の手応え。こりゃ、イケるんじゃないか!? しかし、そこから伸びませんでした。
 勝った馬は、去年のBCクラシック2着したROSES IN MAY。これ、強すぎます。あれだけのペースで走って、直線ではバテるどころか後続を突き放す競馬。完勝ですね。
 ミツオーは6着に敗れたわけですが、世界レベルの流れについていって、なおかつそれで6着まで残ったのいうのは、前哨戦など使わず本番一発勝負だったことを含めれば、大変価値のある結果だったと思います。
 この経験を活かして、日本に帰ってきてからも地方の星として大活躍して欲しいと期待しています。
 ・Dubai World Cup | Results
 ・地方競馬情報サイト TOPICS-2005

 最近は海外競馬にあんまり興味がないんですが、今年はドバイWCにアジュディミツオーが出走するということで注目しています。
 JRA所属馬ではなく地方・船橋所属の馬が挑戦というのが非常に興味をそそられるポイントです。内田博幸騎手(大井)を背に、頑張ってほしいものです。
 ブリーダーズカップは飛び入り参戦で勝てるものではないですが、ドバイWCは日本馬でも何とかなる可能性があるレースですからね。ゴドルフィンの掌の上で遊ばれているという感はありますけど…。

 Fableネタも二桁の大台にのってきました。ネタには事欠かないゲームです。
 ストーリー的には昨日の時点からさほど進んで無いんですけど、一般家屋に侵入しまくったせいか外見が一気に人間離れしてきましたので、また主人公近影を貼り付けておきます。
 角がより立派になって、画面ではわかりづらいですが目の周りが赤く染まってきました。髪型はてっぺんハゲで側頭部ふさふさタイプです。
 他のゲームだったら、悪側の重鎮キャラとして出てきそうな雰囲気。これでも、英雄なのですが…。
PICT0921.JPG

 極悪盗人プレイも佳境に入ってきました。盗みの技術に加えてピッキングも習得し、深夜の街の帝王と化してます。ストーリー的にもアリーナで優勝し、終盤を迎えてきました。
 このゲーム、主人公キャラの外見は、モラル値とそれまで食べてきた食料・酒に加えて、彫り師によるタトゥー、理髪店による髪型・ヒゲによって形成されます。タトゥー、髪型・ヒゲによって凄み・好感度も変化します。
 今現在のオレの主人公キャラの画像を撮って貼り付けてみました。顔面と胸のタトゥーとヒゲで凄みを出し、髪型を(わかりづらいですが)ポニーテールにして好感度を上げてます。
 また、角が生えているのが確認できると思いますが、これはモラルが負の方向である証です。そしてこの画像では見えてませんが、頭上には常にハエがたかっており、足下は血で染まってます。いずれも、今まで悪行を重ねてきたことによるモノです。
 なお、通常は全身を鎧で覆っていますので肌を見せることはありませんが、肌見せジャニーズプレイも勿論可能ですw。
PICT0913.JPG

 極悪プレイを引き続きやってます。クエストをこなしつつ、以下のパターンでゲームを進行してます。
 ・(昼) 武器屋などの店舗のカウンターに置いてある品物を店主の目を盗んで盗む。
 ・(昼) 一般家屋に入り、住人の目を盗んでタンスの中などのモノを盗む。
 ・(夜) 施錠されている扉をぶち破り一般家屋に侵入し、びっくりして目が覚めた住人を殺して空き家にする。
 という感じです。いずれも衛兵にバレると罰金が科せられ、それを拒否すると実力行使にでてきますので、そこでテレポートして難を逃れます。衛兵を殺すのは特に旨みが無いんで、素直に逃げる事にしてます。
 人家を空き家にすることで、その家が売りに出されます。その家を買ってマイホームにしたり、賃貸物件として運用したりできます。さすがにどんなボロ屋でも安くないので、今の段階では気軽に購入できないのですが。
 モラルのパラメータは負の方向にMAXになっていまして、市民からは恐れられてます。こちらが普通に歩いているだけで、距離を置いて避けられてます。話しかけると、「あ、あ、こ、こんにちは…」と明らかに声がうわずってます。
 こんな野郎が皆に英雄と呼ばれてるのですから、この世界はおかしいです。極悪非道というより、単に手癖の悪い小物という感じなのに(笑)。
 盗みに関しては、ずるさのパラメータを結構上げたんで、大分楽に盗めるようになってきました。このゲームにおいて盗みのアクションとは、ある一定時間その行為を咎める人間にバレなければOKというシステムなのですが、高価なモノほど必要な時間が長く、なかなかスリルがあります。
 ストーリー的には、アリーナまで来ましたので、ちょうど折り返し地点といったところでしょうか。例の早解き動画を参考にして、エンフレイムを中心にここまで戦ってきました。現在エンフレイムはLv3です(最大Lv4)。このレベルになると、かなり広範囲に強いダメージを与えてくれますので、アリーナでも主軸として使えそうです。