一年に一度の競馬のお祭り。今年は令和最初の〜 なんてフレーズがダービーでもいやというほど使われていましたが、さすがに食傷気味です。。

 さて当のレースですが、さすがにダービー、見応えがありました。
 皐月賞上位3頭が抜けた存在で、この3頭で決まるか? というのが一つの見所ですが、結果的には伏兵にやられた形になりました。まぁこれが競馬ですね。

 買ったロジャーバローズは、前走2着ながら内容が良く、ほんのちょっと穴人気あり、私もチェックしていました。ただ実際のレースは、展開が非常に向いたというか、大逃げ気味に逃げたリオンリオンから離れた2番手で、マイペースで実質的な単騎逃げができた点が、大きな勝因でした。
 もちろん、単に向いたというだけでなく、府中2400mを逃げ残ったわけですので、これは実力がないと当然できません。

 我が本命ダノンキングリーは、クビ差の2着。惜しかったですが、しかしこの馬も最後はかなり一杯になっており、ほぼ力を出し切ったといえるでしょう。やはり、距離が伸びて尚良いタイプではなかったのかもしれません。

 単勝1番人気のサートゥルナーリアは、スタート直前の興奮と、大きな出遅れが敗因のほとんどだと思います。正直仕方ないでしょう。それでも最後、外を回りながら上がり最速で追い上げていますので、地力は相当なものがあると思われます。今後が楽しみな馬であることは間違いありません。

«