Latest Entries »

 AKB48の峯岸みなみが、お泊まりをスクープされて、けじめのために丸刈りになったと。そして研究生へ降格と。
 まぁあんまり峯岸ファンじゃないからというのもありますが、完全に話題先行の感じがしますねぇ。丸刈りにしたからどうなの、というレベルのことであって、ある意味では話題作りに成功しているのは間違いないですね。
 何というか、スキャンダル発覚のち、本人や運営側のアクションが注目され、それをヲタたちがあーでもないこーでもないと騒ぐのが、一種の恒例行事になってきてますね。それはそれでおもしろい部分もありますが、すぐに飽きられますからね。

 レコ大と紅白は、ほぼ前編にわたってリアルタイムで観ていました。
 感想という感想もないんですが、レコ大についてはAKBの受賞はまぁ妥当でしょうか。ジャニーズが出ていない以上、どうしようもないというか。前田敦子卒業であったり、あるいはスキャンダル関連など、話題にも事欠かなかったことも大きいかと。
 受賞時の渡辺麻友のコメントは結構印象的でしたね。彼女自身、前田敦子の後継というか、AKBを引っ張っていかねばという意識を強く持っているようで、それがでていました。
 紅白の方は、正直見所が少なかったというか…。衛星中継でMISIAが出場しましたが、今の中継技術は凄いものですね。砂漠のなかからあれだけ美麗な映像を送れる点に驚き、またカメラワークや照明もしっかりしていました。相当なカネがかかったと思いますが…。
 まぁ、年末の歌番組で、NMBの山本彩は別格だと改めて思い知らされました。凄くいいですね。

 今年は正月の土日の配置がよいようで、結構な長さの年末年始休暇となりました。が、きづいたらもう4日消化です。
 というわけで、今年もよろしくお願いします。
 昨年は趣味の分野がイマイチだったというか、仕事の忙しさを理由にして休日はとにかくダラダラしていました。今年は少しはメリハリつけたいところです。

 松井秀喜選手が引退を表明しましたね。
 メジャーリーグにあまり興味がないので、個人的にはやはり巨人時代の印象が強いですね。タイガースファンのオレですので必然的に敵方の選手となりましたが、他の巨人軍選手と違い彼だけは嫌いになれず、気になっていました。
 まぁ、AV好きとかそういう面もおもしろかったわけですがw
 フォームが抜群に綺麗でした。そして圧倒的なスイングスピードの速さ。
 凄い選手でした。

 AKB48の増田有華が、ISSA宅へのお泊まりを報じられ、AKB48を脱退(活動辞退という言葉を使っていますね。最近は卒業などとはいわないようで。)することになったようです。
 増田有華は2010年1月のエントリに書いたように、初めて劇場に行ってステージを目のあたりにしたときに気になって、それから歌唱力の高さやグラビア的な素養もあり気に入っていました。
 残念ですが仕方ないですかねぇ。年齢的にはハタチこえてますので色恋沙汰はあって不思議ではないですし、舞台経験で自信も付いてきたんでしょう。AKBを抜ける良い機会だった、と本人や事務所も思ったのかも知れませんね。
( `.∀´)
 それにしても、ISSAのプレイボーイぶりも相変わらずすごいですねぇ。ただ、なぜか不思議と、彼には押尾学やGACKTのようなダークなイメージがあまり無かったりします。どこか野暮ったい明るさがあるからでしょうか。。

生存確認

生きて、おります。

 だいたい一年ぶりの更新となります。誰もみていないか…。
 AKB48の総選挙も今回で4回目となり、フジテレビで生放送もされました。録画したものですが早速チェックしてみました。
 詳しい感想は別途書くこととしますが、純粋に順位を競うもので予想外の躍進や没落などはありつつも、しかし一方では4年前の第一回と主要メンバーの半数以上は実は変わってないという点は、事実としてありますね。
 ですので年齢だけが相対的に上がっていて、たとえば当時高校生だったメンバーはだいたいハタチ前後に、当時中学生だったメンバーは18歳くらいになっていたりと。
 もう少し言えば、そのときにオレが抱いていた各メンバーへの印象というのも、大筋ではこの4年の間に実はあまり変わってないという気もします。それはそれで安定した魅力というのに繋がるのかも知れませんが、一方ではサプライズを常に掲げてきたAKBにしてはやや残念なのかなぁという気もします。
 まぁとはいえ、(平日ですが)地上波ゴールデン生放送であり、また各種メディアの取り上げかたなどをみても、これまでで一番盛り上がったということは間違いないと思います。コンテンツとしては今がピークと言えますね。

 またまた放置しておりました。2、3ヶ月ごと更新になっていますな。ツイッターとかで適度にネタを飛ばしつつ、ブログではそれをまとめるような感じのほうが更新はしやすいかもしれないですね。ツイッターのアカウントすら持ってませんがw
( `.∀´)
 さてまぁ、政局が酷いですね。菅が頼りなく首相としての責務を担えてないから替えろ的な、そういう動きが野党だけじゃなく民主党内部からも出ていると。それに小沢もいよいよ動き始めたと。
 まぁ野党が打倒菅を掲げるのは当然のことでしょうが、それに民主党のなかから同調者、相乗りが出てくるというのは、この人たちはどれだけ政局が好きなんだ、多数派でいたいんだという呆れにも似た感想がでてきますね。まぁ、それでこそ政治家なのかもしれませんが、政局の流れ次第でコロコロ立場をかえたり、あるいはいきなり正義感みたいなのをかざして正論ぶったものを叫びだす小物を、政治家などと呼びたくないですなぁ。
 一言でいうと、相当ヒマなんでしょうね。
 まぁこんなことやってるから、官僚や民間にナメられるんですよね。

 恐ろしく放置していましたが、特に変わらず生きています。忙しさにかまけて、更新を怠っておりました。
( `.∀´)
 地震ですが、ちょうど北海道出張中で、札幌市内におりました。向こうでも結構揺れましたが、まさかここまでの災害になるとはもちろん思わず。
 地震当日に帰京予定でしたが、羽田着が軒並み欠航となり、チケットの種別も変更がしづらいもので、結局二日ほど延泊し日曜に帰ってきました。
 ここまで携帯電話が使い物にならねーと思ったことは無かったですね。
( `.∀´)
 電気が無くて成り立つ仕事などまず無いかと思いますが、ウチの会社は特に電気が無いと話にならない業務であり、計画停電の行く末次第で会社の運命が決まってしまうとすら言える状況であり、会社としても節電は特にしっかりやろうしています。
 だからというわけじゃないですが、まだまだ世間の節電への意識は薄い気がします。パチンコ屋とかゲーセンなんかは、営業時間短縮とかじゃなくてしばらく休業にするくらいじゃないとマズいんじゃないですかね。工場なんかに比べたら消費電力量は知れてるでしょうけど、店舗数はそれなりにありますし、まず派手な装飾がいかにも電気のムダというイメージがある以上、こういうときはおとなしくしておくべきかと。
 もちろんそれぞれの立場があるわけですが、基本的な生活を送る上での必要性というのをしっかり考えないと、正直者があまりにバカをみますからね。
 14日はまだ大工場が操業を停止していますし、鉄道も運休や間引き運転をし、暖かかったので暖房使用も少なかったわけで、いわば条件としてはかなり良かったといえますが、それでも一部時間で停電をせざるを得なかったのは、今後本気で節電をしていかないと停電は避けられないということを如実にあらわしているように思います。
 えらそうなことを言うつもりは毛頭ありませんが、今回の節電の重要性というのは、これまでの言葉先行のエコ活動なんたらなんかとは本気度を異なるものとして、社会全体で取り組まないと厳しいんじゃないですかね。
 たとえば、時差通勤、時差営業など、電力使用の偏りを少しでも減らすような取り組みが必要ですよね。
 まぁこれは個人的にはまったく嬉しくないですけど、23区の中心も計画停電の対象にするくらいの覚悟を東電も政府も見せないと、誰も本気にならないかも知れないですね。
 停電のテクニックとして、特高需要家は除外するとかあっても良いかと思いますが、まぁ今の段階ではそういった細かい部分に着手する余裕はなさそうですね。
( `.∀´)
 オンラインゲームが、時間帯休止とかを結構やってるみたいですね。夜中はともかく、電力需要のピークタイムを休止にするのは効果があるでしょうから、どんどんやって欲しいですね。
 「龍が如く」とか「絶対絶命都市」は発売延期とか。まぁ仕方ないですね。

 昨年7月にdocomoのHT-03Aを購入し、ずっとそちらをメイン機として使ってきました。
 国内では初のAndroid機でしたが、ややクセがあったりマーケットが不安定気味だったりといった部分はありましたが、まぁ大きな不満もなく使ってきました。
 さすがにスペック的に最近のものと比べると厳しく、OSも1.6で公式には対応が止まるのは目に見えていて、その点では魅力が薄くなってきました。あとカメラの性能だけは残念でした。
 それでもまぁ、手になじむ丁度良い大きさのボディとか、結構愛着の湧くヤツでしたね。
 ここ最近、iPhone4に追いつけとばかりに国内でもAndroidのスマートフォンが流行りつつあり、docomoのGALAXY Sなんかはスペックが素晴らしく、またauのIS03なんかはFelicaが使えたりしてガラケーからの移行がしやすそうだったりと、そそられる機種が揃ってきた感じがあります。
 スペックの古さや物欲発生時期などからして、GALAXY Sあたりにするのが自分でも自然だと思っていて、実際に検討もしていたのですが、、、au iidaのX-RAYが発表されるのをみて、考えがまったく変わってしまいました。

 X-RAYのデザインに一目ぼれしてしまったというか、細かいスペック云々は別にして純粋にこれ欲しい!と思ってしまったというか、とにかく気になって仕方なくなってしまったのであります。ここまで直感的に欲しいと思った機種は、たぶん今までなかったと思います。
( `.∀´)
 あまりガラケーという言葉が好きじゃないので、まぁフィーチャーフォンと言ってもいいのかも知れませんが、ともあれスマートフォンからまたガラケーに戻るということで若干の不安もありましたが、まぁスマートフォンじゃなければ絶対にダメということもありませんから、このあたりは完全に慣れだと割り切りました。
 Androidの利点としてGmailをはじめとするGoogleのサービスのほとんどが自動でシンクロしてくれて、たとえば入力とかに時間かかるようなやつはPCで行って、その恩恵をHT-03Aで享受するなんて使い方が便利でしたが、そのあたりはガラケーじゃちと辛いですな。
 んでもまぁ、X-RAYを買ってみていろいろイジってみましたが、着メロ(SMAF)を前のauの機種(W63CA)から移行してみたあたりで、スマートフォン前の携帯との付き合い方をいろいろ思い出した気がします。
 これは散々言われていることですが、ガラケーはガラケーで物凄くこなれているものなので、やっぱり使いやすいですね。X-RAYは基本的なスペックも高いので、挙動もサクサクで本当にそう感じます。
( `.∀´)
 ちなみに、ビックカメラで機種変更42,000円でした。それの分割購入。REDを選びました。MNPとかじゃなくて、HT-03A買ったときからauも残していたので、その回線での機種増設です。
 帰ってきて早速、コーティング剤であるブリスを塗り塗りしました。ガラス繊維のはいったポリカーボネイトにはあまり良くないのかも知れませんが…やはりツルツルのボディには、ブリスを塗らないと気がすみません。(ブリスは、W11Kによく塗っていました。)
 しばらくはdocomoの回線も残しておきたいと思います。HT-03AはWiFi環境でだけネットに繋ぐとして、料金プランは最低のにしておきます。